木のおもちゃ

★木のパズル

今日は3連休の中日。昨日の土曜日から積木ブロック&木のパズルを作ってみた。 昨年、「カフェギャラリー福」に子ども連れで来店されたお客様が何組かおられたのですが、2~3,4歳の子どもにとってはとっても退屈な時間。木で作った車のおもちゃ2個はありましたが、すぐに飽きてしまいます。

 

そこで、積木ブロックでもあれば、少しは退屈しのぎになるかと考えて、この連休で積木つくりにトライ。材料は、これまで作った木工品の端材(ヒノキ)。一応、パズル状にするため積木を入れる木箱は、昨年の末に頂いたお歳暮(羊羹が入っていた)の空箱。といってもなかなか立派な桐箱です。箱の内法は;300×250×50(深さ)mm

 

当方の道具類はホームセンターの安物ですが工夫して使えばそれなりに使えます。

積み木は出来るだけ正確な寸法でカットしたいところですが、材料も丸太の粗材から切出した

ので市販品ほど緻密には行きませんでした。

 

 

 

先ずは、40mm幅を基本に正立方体、三角柱、直方体など適当に檜の材料を切り分けて行きます。いくつかブロックが出来たところで、桐箱にはめ込んで、後は桐箱の中を隙間なく埋め込まれるようにブロックの寸法や形を適当に作り込んで行きます。

取りあえず出来たのが、右上の写真。ブロックの数は27ピースとなりました。未だブロックはカットしたままの状態で箱に詰め込んでいますので、結構ぎちぎち   (~ _ ~;)、箱を逆さににしてもブロックは落ちてきません。ここからが大変で、ブロックひとつ一つをサンドペーパーで磨きます。最初は電動サンドペーパー(荒さ120番)、目の粗さを240番、320番と変えて手作業でペーパー仕上げをします。

 

桐箱の角が強度不足のため、4つの角をヒノキ材で補強。27ピース全て表面の研磨と角の面取り、も少し表面を磨いたほうが良さそうですが、取りあえず完成です。